のため・ぺっぷでは

こころとからだの成長が気になるお子様のために運動(スポーツ)による療育サービスを行っています

児童発達支援・放課後等デイサービスのため・ペップ notamepet

スポーツでみんなイキイキ!

“ぺっぷ”の由来

pepとは元気や活気という意味の単語で「ペップトーク」とは、元気や活気を与える話、という意味で捉えられているそうです。スポーツの世界では、選手の背中を押してあげるようなポジティブな声掛けを指します。
その昔、スポーツは人を育成するツールとして使われ、どんな環境でも実力を発揮できるタフな人材を育てる「教育ソフト」と捉えられていたそうです。
スポーツを通して、発達に心配のある子供たち・保護者の皆様・スタッフが共に学び、支えあい、イキイキと生き抜く力を育むお手伝いをさせていただきます!

児童発達支援 放課後デイサービス コミュニティプラザ スポーツ教育事業
のため・ぺっぷ概要

なぜ運動?

「動く!」って楽しい~!

人間関係の構築や問題解決能力など人間力の形成に運動はとても重要です

昔、私達が外で遊んだ「鬼ごっこ」には子供の運動能力向上にとって大切な基本動作がたくさん含まれていました。 また、子供の発想による「外遊び」には、運動要素だけでなく人間関係の構築や問題解決能力など社会に適応する力・人間力の形成にとって大変重要であったといえます。

のため・ぺっぷでは体・心・脳のバランスよい成長のため、幼児期から安全に楽しく運動ができる環境が必要であると考え、幼児期のお子様向けの遊びと体操を取り入れた療育、お友達との関わりからルールや忍耐を学び、社会へ出る準備をサポートします。

なぜ運動?

コースのご紹介

のため・ぺっぷでは「未就園児キッズ(児童発達支援)コース」「小中学生ジュニア(放課後等デイサービス)コース」の2コースを実施しております

未就園児キッズコース 2歳~6歳

未就園児キッズコースについて
(児童発達支援)

2歳から就学前までの成長が気になる子供たちの思いや願いをくみ取りながら、運動による療育を通して、日常動作の自立や人・集団に対しての愛着心を育み、お友達と楽しく活動できる支援を行います。

※のため・ぺっぷでは自立支援のため、母子分離(お子様だけでの活動)を行います。
※集団活動支援の為、グループによる活動を基本としますが個別療育が必要なお子様への対応もさせていただきます。

小中学生ジュニアコース 7歳~15歳

小中学生ジュニアコースについて
(放課後等デイサービス)

子供たち同士のつながりを密にしていく中で、スポーツを通し周りとの関係を調整する力や問題を解決する力を高めていきます。また、年長者の子どもたちについてはグループリーダーとして集団での役割に対する意識の向上や社会へ出て行くための心の育成(感謝と貢献)に取り組んでいきます。

※グループによる活動を基本としますが、好きなスポーツや得意な種目に出会い夢や目標を持てるような支援をいたします。
※ジュニアコースの児童には個別学習支援・パソコンレッスンなど希望により取り入れていく予定です。

のため・ぺっぷでは送迎を行っています。

送迎費は介護給付費の10%となります。
※通常の範囲を超える送迎は追加費用(1kmにつき50円)がかかります。

のため・ぺっぷへのアクセス

のため・ぺっぷの所在地

〒063-0062 北海道札幌市西区西町南8丁目2番21号 ロイヤルビル2F

のため・ぺっぷ概要

お問い合わせ

のため・ぺっぷに関するお問い合せ・ご質問はこちらからお問い合せください。

TEL:011-671-3100

メールフォームでお問い合わせ
PAGE TOP